消費者金融と銀行カードローンの違い

キャッシングというと、消費者金融が真っ先に思い浮かぶ人は多いですが、外で収入を得ていない専業主婦が借りられるのは銀行が運営している銀行カードローンのみのみとなっています。
なぜ専業主婦は消費者金融から借りられないのかというと、2010年に改正された貸金業法が原因です。
改正貸金業法では総量規制という法律が新たに加わり、専業主婦の借入に関しては夫の同意書や婚姻関係を示す書類の提出を義務付けました。
裏を返すと、改正前は夫の同意書や婚姻関係書類は提出せずにお金を借りられていたのです。

しかしこれらのやり方によって返済能力を上回る貸付けが横行し、自己破産や個人再生などをする専業主婦が急増しました。
事態を重く見た金融庁が、これではいけないと専業主婦の借入に関して規制を設けたのです。
消費者金融や貸金業法に基いて営業をしている金融業者になりますから、法律上では同意書や婚姻関係書類を提出すれば今でもお金を借りることはできます。
でもお金を借りたいと思っている専業主婦は、夫に内緒で借りたいと思っている人ばかりです。
婚姻関係の書類は提出できたとしても、同意書を書いてもらうということはかなり難しいでしょう。

さらに消費者金融側としても、未提出の書類が見つかれば法律違反で行政処分を受けてしまいます。
お互いにとってリスクの高い貸し方となると予想されたので、思い切って専業主婦の借入を禁止してしまった経緯があるのです。
一方の銀行カードローンは、銀行が運営をしているため貸金業法とは関係のないカードローンとなっています。
夫の同意書や婚姻関係を示す書類の提出をすることなく、お金を借りられる唯一の業者なのです。

ただ、限度額は一律20~30万円までとなっていますので、高額融資は期待できません。
どこが銀行カードローンなのかイマイチ分からないという人もいますから、申し込む前に一度フリーダイヤルなどを利用して業者に確認してみると良いでしょう。

sck111_cbr04主婦でも借りられるカードローンはこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ