専業主婦カードローンの限度額

専業主婦が借りられる限度額は、平均して30万円までとなっています。
キャッシング業者は、毎月の返済を遅れなくしている人や、それなりの利用実績がある人には限度額を上げる傾向があります。
最初の契約では20万円だったが、半年後には50万円までに引き上がったという話はよくあるのです。

しかし専業主婦に関しては、30万円を超える限度額はできないところがほとんどです。
50万円を希望していても、30万円で契約するしかありません。
なぜ専業主婦だけ限度額に制限があるのかというと、返済能力に関係しています。

現在専業主婦が借りられる場所は、銀行が運営している銀行カードローンのみとなっていますが、ここに申し込む際には夫の同意書や収入証明書の提出は必要ありません。
専業主婦本人の身分証明書のみで借りられるようなシステムとなっているので、世帯にどれくらい収入があるかは自己申告となっています。
貸す側にとってはリスクがある貸し方ですから、限度額を30万円までと決めているのです。
30万円を全額借り入れた場合の返済額は以下の通りです。

・金利18% → 最低支払い金額7,000円
・金利14.6% → 最低支払い金額6,000円

金利によって若干支払い金額に差があるのですが、で返済が済むことが判ります。
これくらいの返済金額だと、家計のやりくりでなとか払えるというご家庭が多いでしょうから、専業主婦にとって絶妙な限度額だと言えます。
専業主婦で契約をしたあと、パートなどで収入を得るようになった人は、契約しているカードローン会社に連絡をしてください。
仕事をしているのとしていないのとでは、属性が全く変わってくるからです。

こういった変化は、その都度カードローン会社に報告する義務があります。
子育てが幼稚園や小学校に入学したから働くという専業主婦は多いです。
仕事をしたことによって、30万円よりも大きな限度額になる可能性も0ではありません。
何かしら変わったことがあれば必ず連絡をしましょう。

sck111_cbr04主婦でも借りられるカードローンはこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ