利息の計算方法について

キャッシングの利息計算方法は以下の通りです。

借入残高 × 金利 ÷ 365日(1年) × 利用日数 = 利息

キャッシング会社がホームページなどで掲載している金利は、年間表示と決められています。

しかし、実際は日割りで利息を算出していますので、÷365日や×利用日数という計算になるのです。
実際に数字を当てはめて見てみましょう。

例)借入残高30万円 金利18% 利用日数30日
30万円×18%÷365日×30日=4,438.3561・・・ 約4,438円

端数は切り捨てとなります。
30万円を30日間借りた場合の利息は約4,438円で、これに元金を加えた金額が返済金額となります。
1万円を元金とするならば14,438円、全額返済するならば304,438円です。
この計算方法を知っておくと、残高や利用日数、金利の違いによって支払う利息の違いもわかってきます。

例)借入残高15万円 金利18% 利用日数30日
15万円×18%÷365日×30日=約2,219円
例)借入残高30万円 金利18% 利用日数10日
30万円×18%÷365日×10日=1,479円

例)借入残高30万円 金利15% 利用日数30日
30万円×15%÷365日×30日=約3,698円

残高や利用日数、金利が低かったり短かったりするほど、支払う利息が少なくなることが分かると思います。
キャッシングの金利は、住宅ローンや自動車ローンとは違うのです。
このように計算方法を知っておくと、ご自身で簡単に利息計算ができますから、ぜひ覚えておくと良いでしょう。

ただ手元に計算機が無いと簡単には計算できませんし、そもそも計算すること自体が面倒という方もいらっしゃいます。
最近はキャッシング会社のホームページやアプリで返済シミュレーションを行うことができますから、それを活用するのも良いでしょう。
書式や入力方法はキャッシング会社によって異なりますが、借入金額や金利を入力するだけで、完済までにかかる月々の元金と金利が瞬時に算出できるようになっています。
こういったものを活用して、どのくらいの返済金額になるのかをご自身で把握しておくことが、計画的な利用をするのに大切なのです。

sck111_cbr04主婦でも借りられるカードローンはこちら

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ