自宅にいながら家族に内緒で借りられる!
主婦が申し込めるカードローンを紹介しています。

専業主婦は消費者金は申込みNG!銀行カードローンなら借りられます!

長く続く不況の中、家計のやりくりに困っているので必要な時に必要な金額だけ借りたいという主婦が増えています。
少しだけでも消費者金融で借りられたら…と思う女性にぜひ知って置いていただきたいのが総量規制です。

お金を借りるには主に消費者金融と銀行カードローンがあります。

消費者金融
正社員・パートなど働き方に関係なく自分に毎月安定した収入がある人が申し込めます。収入の多い少ないは関係なく、毎月一定の収入があることが条件です。
金利は銀行カードローンより高めです。
銀行カードローン
自分に収入がなくても配偶者に安定した収入がある人なら申し込めます。収入証明書や同意書不要で申し込めます。金利は消費者金融より安く設定されています。

専業主婦は自分の収入がないので消費者金融に申し込んでも借りられません。
借りたいのなら銀行カードローンしかありません。

『来店不要でPCから自分で申し込める』『家族に利用を内緒にしておくことができる』『金利が安く返済に負担を感じない』この3つの条件に当てはまる専業主婦が申し込めるカードローンを厳選してみました。
これかたお金を借りたい方は消費者金融ではなくこちらで紹介しているカードローンなら安心です!

専業主婦が安心して借りられるカードローンを紹介

【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入>>主婦におすすめのカードローンはこちら

専業主婦と総量規制

総量規制とは、貸金業法の中の一つの法律です。
2010年に貸金業法が改正された際にできたもので、中身は個人の借入総額が、原則、年収等の3分の1までに制限されるというような内容です。
年収300万円の人は、借入額が100万円以下までしか認められないというものです。

そうすると住宅や自動車の購入はできなくなってしまうのでは?と不安に感じる人もいることでしょう。
さすがにそこまでは規制はしておらず、別途除外や例外を設けています。

<除外>
・不動産購入や不動産改良のための借入(住宅ローンやリフォームローン)
・自動車購入時の自動車担保貸付け(自動車ローン)
・高額医療費の貸付け(入院や手術・治療に関わるもの)等

<例外>
・顧客に一方的に有利になる貸付け(おまとめローン)
・緊急の医療費に関わる貸付け
・社会通念上緊急に認められる貸付け
・配偶者と併せた年収の三分の一以下の貸付け
・個人事業主に対する貸付け(事業費用)等

さて、専業主婦に関わる項目は、例外の「配偶者と併せた年収の三分の一以下の貸付け」というものです。
専業主婦は外で収入を得ていませんから、夫の収入の三分の一以下であれば専業主婦でもお金が借りられるとなっています。
しかしそれを行うには下記が必要です。

・配偶者の同意書
・配偶者との婚姻関係を示す書類(住民票又は戸籍抄本)
・事実婚ならば住民票(続柄に夫(未届)妻(未届)など、未届の配偶者である旨の記載があるもの)
・配偶者の年収を証明する書類の提出

上記が義務付けられているのです。
夫に内緒でお金を借りたいと思っている専業主婦にとって、これらの書類を揃えるのは至難の業です。
OKのジェスチャーをする女性
さらに受け取る金融業者側も、書類が一つでも欠けていることが発覚すれば、行政処分を受けるなどの厳罰に処されてしまいます。
借りる側も貸す側もリスクの高いものとなってしまったので、大手消費者金融は専業主婦への融資を辞めてしまいました。
現在専業主婦が借りられるのは銀行カードローンのみとなっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ